双極性障害とわたし

〜双極性障害と共にゆるく生きるわたしの記録〜

鬱状態から回復したきっかけ☆その3外出

1年半ぐらいまともに外出していなかったわたしが勇気をだして髪を切りに行った事をきっかけに。

今から1年前の6月頃から、母とスーパーに行く事がリハビリだと思って少しずつ外出するようになった。

 

そして調度その頃、去年の7月ポケモンGOが社会現象になった。

わたしのスマホポケモンGOに対応していなくてショックを受け、妹に付き合ってもらって至急スマホを買い替えた。

そして、ポケモンを集める為に外出が知らぬ間に出来るようになった。

 

f:id:arisu10:20170719152616j:plain

 

 

また、その頃猫が欲しいピークだったので、ネットで猫を探して見に行く為に、1年半以上乗っていなかった電車に妹と一緒に乗る事が出来た。

 

 

ん!?あれ!?

あんなに出来ないと思ってたのに。知らぬ間に出来ちゃった!

 

 

結構拍子抜けした!

好きな事、やりたい事の為なら、リハビリなんて意識しなくても他にも色んな事が出来ていくんじゃないかと思った。

 

 

ポケモンGOは既に飽きてしまったし、猫は欲しいけどもう少し先でいいと思い今は探していない。それはそれでいい☆気分屋だし☆

 

この後、また冬季鬱が来て引き込もったりもした。それもそれでいい☆そんな病気だし☆

 

双極性障害は良くなったり、悪くなったりを繰り返し寛解に近づいて行くのだから何の問題もない!

 

大切な事は、

良くなっていくきっかけやイメージを忘れないでいる事で、その為に病気に対する自分なりの向き合い方考え方を構築して行く事だ。

 

頭の引き出しの中や書き残して置いたもの、病院の先生の見解を聞くのもいいと思う。

 

何も真面目に取り組む必要もなくて、自分が良くなりそうなタイミングを知っておいたり、悪くなりそうな事を知っておく。

 

その程度でも、

自分の病気について理解をしておくことで、『冬だし毎回調子悪くなる。仕方ないな。』あきらめるかと思うことができ自分の現状に振り回されにくくなると思う。

そして、何度病状が悪くなっても回復する事が出来ると思う。

 

 

〜まとめ〜

リハビリなんて真面目に思って外出するより、好きな事、したい事の為に外出する方がよっぽど健全で有効!

病気の人の考え方ではなく、わたしという1人の人間としての考え行動!それをポケモンGOや猫が欲しいという気持ちから取り戻せた気がする。

 

 

病気に対する自分なりの向き合い方、考え方を構築していく☆何度病状が悪くなっても回復する事が出来ると思う。

 

今までの生き方が苦しかったから、病気になったのだと思う。今までとは違うやり方、考え方をして楽に生きるをモットーにいきたい♪

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

⬆️ランキング参加しています。良ければポチッとお願いしますm(_ _)m

 

⬆️Twitterもフォローお願いします☆ 

♪☆アリス☆♪